このページは格安SIMを契約したい時によく疑問に思われることその答えを見ていきます。

いぬタロいぬタロ

昨日から格安SIMを検討し始めたんだけどわからないことだらけになっちゃった

うさタロうさタロ

そうだね。初めて格格安SIMのことを調べると専門用語がいっぱい出てきたり分からないことがいっぱい出てくるよね。このページではそんな疑問を解決していくよ。

格安SIMはなぜ安いのか

格安SIMが安い理由は広告費は人件費が少ないからというのが大きな理由です。格安SIMは安かろう悪かろうのサービスだと思っている人も少なくないですが、実際には人件費や広告費を大幅にカットしている自分で設備を持っていないためということが大きく、安いから悪いサービスということではありません。

格安SIMは大手キャリアに回線を借りているので自分で基地局などを所有していないので回線の貸出料だけですみます。

またオンラインサポート電話サポートなどに特化していてキャリアのように手取り足取り教えるサービスを行っていないので人件費がカットできるということもあります。

広告もCMをバンバンやったりしないのでそれだけ節約できますよね。

どのくらい安くなるのか

だいたい1/3ぐらいになるのが平均的です。どれくらい安くなるのかというのは人によって使い方が違うので一概にはいえないのですが、多くの場合は1/3ぐらいになります。

何がそんなに安くなるでしょうか。まず大手キャリアでは電話かけ放題サービスが強制的に加入しないといけないので最低で1700円最高で2700円の電話代を取られています。ですが、格安SIMでは電話代は別になっていて書けなくていい人は全く払う必要がないのでまず1700円から2700円の差が付きます。

次にデータ通信の基本料が安いです。例えばドコモで5GBを契約しようとするとデータパック用として5000円の料金がかかります。ですが、格安SIMの場合であれば2200円程度で契約できます。これで2800円差が付いていてしまいます。

さらにネット接続利用料300円がいらないことも加わってこれでトータル的に4000円から6000円の差がつきます。

いぬタロいぬタロ

格安SIMの料金は安すぎて怪しいと思っていたけどちゃんと家理由が分かって安心した、というよりキャリアの時代は料金プランの内訳をちゃんと見ていなかったよ・・・

格安スマホと格安シムは違うのか

格安スマホは格安のスマホのこと格安SIMは格安な回線サービスのことです。格安スマホというのはスマホ本体のことを指していますが、格安SIMというのは回線契約のことを指します。

格安ジム会社でセット販売されているスマホは格安スマホで、そこで契約した回線格安SIMです。

格安SIMでは海外でも使えるのか

国際ローミングに対応している格安SIMでも電話とSMSしか対応していないところが多く、データ通信は不可能なところが多いです。そのため海外でデータ通信をするためには海外用のSIMカードを用意する必要があります。

例えばIIJmioが提供している海外トラベルSIM、500mbを3850円で通信することができます。マイネオでは海外用プリペイドSIMを販売しており30MBが650円からです。楽天モバイルは50MB、820円から

例外としてワイモバイルは国際ローミングでデータ通信ができます。

格安SIMはどこに売っているの

格安SIMはネット販売が中心で対面販売はまだ少ないです。多くの場合は公式サイトでSIMカードと端末セットなどを取り扱っていてそこから申し込むことになります。

また一部iijみおや楽天モバイルワイモバイルなどではビックカメラなどにカウンターを置いていてそこで相談しながら決めることができるところもあります。

いぬタロいぬタロ

僕は心配だから店頭で契約しようかな

データSIMと音声SIMはどう違うのか

データ通信しかできないSIMと音声通話できるSIMです。データ専用SIMはタブレットでサイトを閲覧したりするなど通話がいらない方向けのSIMです。

音声通話SIMは電話番号がついていて電話をかけることはできる普通のキャリアで販売されているSIMカードと同じ、

基本的に今使ってるスマホを乗り換えるなら音声通話シム、2台目以降など増線する場合はデータSIMを使う人が多いね

無制限のシムってお得なの

使い方によってはお得ですが、使い物にならないという場合もあります。無制限のシムは大体の場合低速モードで500kbps程度で通信が使い放題になっています。

この500kbpsという速度ですが、Youtubeなどを見るのはほぼ不可能で音声を聞いたりネット検索をしたりする程度にはまあまあ使える量でではあります。

ですので、ストリーミングをよく聞いたりラジオを聴いたりするという方ほとんどYoutubeを見たりネット検索をしたりしないという場合であれば無制限プランが向いていますが、ネット検索も普通にしたいし、SNSに写真をたくさん投稿したりYoutubeを見まくったりしたいという方にとっては全く使い物にならないシムです。

防水の格安スマホってあるの

防水の格安スマホは国内メーカーに多くあります。海外製のものでは少ないです。国内で発売された格安SIMでは防水防塵機能が搭載されているものがありIPX1から4とIPX5から8の完全防水のものがあります。

主な端末は

  • 富士通のarrows M03
  • Android One S2
  • Xperia Performance
  • iPhone7

といったスマホが耐水防水に対応しています。

SIMフリー端末ってどこに売ってるの

SIMフリー端末は格安SIMの公式サイトや店舗スマホショップアップルストアなどで販売されています。また中古店でも販売されています。格安SIMをセットで注文したい場合は格安SIMの公式サイトでまとめて注文できますしiPhoneであればアップルストアに行かないと購入できないことが多いです。

また中古でも構わないという場合であればゲオなどに行って中古スマホを買うのもありだと思います。

いぬタロいぬタロ

格安スマホを検討している人はスマホ代を節約したいという気持ちがベースにあるから、中古スマホも相性がいいと思うよ。

うさタロうさタロ

格安スマホもいいけどdocomoを使っている方ならそのまま端末が使えてもっと安く済むよね。