このページでは格安シムに乗り換える時はどうなポイントに注意したらいいのか心配しないで済むのかについてみていきます。

いぬタロいぬタロ

格安SIMに乗り換える時どんな10を考慮して乗り換えたらいいのかな。


うさタロうさタロ

確かに格安SIMはいろんな特徴があって何を基準にしたらいいかわからないね。ここではできるだけ詳しく、こんなポイントを見ていったらいいという所を紹介するよ。

販売面

次に注意したいのはこういうのしやすさ店舗の有無、契約のしやすさです。都会であればどこでも何かしらの店舗があるので問題はないのですが、地方に行くと実店舗が全くなくなったりあっても遠かったりと対面でサービスを受けたい方にとっては重要なポイントになります。

各都道府県に店舗がある場合やヨドバシカメラなどで取り扱いがある場合店頭で相談しながら歩いて行ったことでも安心して契約できますよね。

SIM発行枚数

次にSIM発行枚数についても見ていく必要があります。格安SIMによっては1契約で4枚のSIM発行できたり10枚のSIMを発行できたりするところもあり複数の端末でデータ分け合いたい場合家族データ分け合いたい場合など便利な機能です。

プランの数

またプランの数も重要です。多ければ多いほど良いというわけではありませんが、迷ってしまう方にとっては三つぐらいのプランのところはよく、自分の容量をしっかり把握していて無駄なく契約したいということにとっては10個のプランがあって自分の利用料に一番近いプランが選べる所がいいと思います。

即日開通できるか

またほとんど最近では問題になっていませんが、即日開通できるのかについても一応チェックが必要です。即日開通というのは電話番号を以前の携帯電話会社から引き継ぐ場合MNPを行って電話番号を切り替える必要があります。

その時SIMカードを発送する前に切り替えが行われてしまい家に到着するまで二日間スマホが使えなくなってしまうといったことが起こってしまいます。ですので、自宅で電話番号を切り替えることができるいつ開通に対応しているところを選んだ方がいいですね。

最低利用期間

最低利用期間にも注意が必要です。最低利用期間を設定しているところと設定していないところがありますが、大体の場合1年間の縛りがあって9500円ぐらいの解約手数料がかかります。

最低利用期間が設定されていないところはMNP転出料を非常に高く設定していてそれがほぼ解約手数料と同じ額になっていますので、実質上違約金がない格安SIMはありません。これは通話の場合であってデータSIMの場合ほとんどそんな制限はありません。

セット販売しているか

端末を取り替える方にとっては重要ではないでしょうか。端末セットで販売されていると格安SIMの相性考えなくて済むというメリットもありますし、お得に端末が購入できて自分でSIMフリー端末を別に買うより安く済むということもあります。

端末を買い替えたい方は是非自分の欲しい端末をセットで販売している格安SIMがあるかどうかチェックした方が良いと思います。

いぬタロいぬタロ

格安SIM不安と訴える人は少なくないよね。

うさタロうさタロ

そうだね。格安SIMを契約する時に店頭で店員さんの話を聞いて予約できるところやカウンターなどが設置されているところの方が安心という人もいるよね。

格安SIMのサービス

格安SIMのサービスは現在は非常に多様化していて端末保証がつけられたりカウントフリーを設置したりするなど各格安SIMで異なるサービスを提供しています。

自分の必要なサービスを提供しているところを選ぶ方がいいですね。

問い合わせ方法

まずサービスの始まりとして問い合わせ方法があります。メールやチャット電話などで簡単に問い合わせられるのか電話の口が混雑していていつでも繋がらないということがないのかなと重要ですね。

カウントフリー

最近注目を浴びているのはカウントフリーです。カウントフリーはLine、twitterなど特定なアプリ・サービスデータ通信が発生した時に料金を無料にしてくれるサービスで、LineモバイルやFreetelなどが率先して行なっています。

また格安SIMを契約することでショッピングサイトでポイントが貯まるところもあります。楽天のようなところですね。楽天などを多く取り扱うという方はポイントが貯まるところを選んだ方がいいと思います。

画像最適化

格安シムの中には画像最適化という仕組みを取り入れているところはあります。画像最適化というのは大きい容量の画像ファイルをやり取りしようとした時に自動的に圧縮してしつの悪い画質にしてしまうことです。できればこんな仕組みは取り入れていないところの方がいいですよね。

端末保証

端末保証は60%の方は加入している重要なサービスです。格安SIMでも端末補償サービスを行っている所があり、月々380円から500円ぐらいで加入することはでき端末が壊れてしまった時に少ない自己負担で新品のスマホと購入できるところや終了無料でしてくれる所などがあります。

いぬタロいぬタロ

端末補償やカウントフリーサポートつけられるといったサービスも人によってはとても重要で、これがかけているから格安SIMに乗り換えられないという方もいるよね。

うさタロうさタロ

今では端末補償はほとんどどこでも付けているし、カウントフリーも少しずつ拡大しているので自分がたくさん使うアプリがある場合はカウントフリーを検討してもいいね